節句人形

ひな人形

桃の節句 三月三日

雛人形の歴史は古く、その起源は平安中期、今から千年あまり前にさかのぼると言われています。当時はお人形のことを「ひいな」、お人形で遊ぶことを「ひいなあそび」と呼んでいました。「ひいな」はもともと、紙や草で作った簡素な人形(形代)のこと。この形代に災いを移して、川や海へ流して神送りをする「上巳の節句」の行事が、三月のはじめの巳の日に行われました。

この形代の行事が、ひいなあそびと結びついて、「雛祭り」として、いまに伝わるようになったと言われています。

雛祭りが三月三日に行なわれるようになったのは、江戸時代。江戸時代中期になると、女の子が産まれて初めて迎える雛の節句を祝う「初節句」の風習も生まれ、雛祭りは産まれた子供が健やかに、優しい女性に育つようにと願う女の子のお節句として、各地で独特の特色を生みながら、江戸から全国へ広がっていきました。

五月人形

端午の節句 五月五日

「端午」というには月の端(はじめ)の午(うま))慣クタの日のこと。この午という字と数字の五の字の音が同じため、いつしか五日をさすようになり、やがて五月五日だけを端午と言うようになりました。

五月五日が端午の節句として祝われるようになったのは奈良時代からで、宮中では病気や災厄を避けるために菖蒲で作った人形や神輿を飾り、馬から弓を射る騎射の儀式などが行われていました。菖蒲は古くから毒を払う草とされ、またちょうどこの時期に花が咲くことから、端午の節句の象徴になりました。平安時代には、菖蒲やよもぎを飾り、邪気を払う習慣は貴族ばかりでなく、一般庶民へも徐々に広まっていきました。

江戸時代になると、五月五日は幕府の式日になり、大名や旗本は式服姿で江戸城へ出仕し、将軍にお祝いをのべました。また、武家に男子が誕生すると、屋敷に幟や旗指物、作り物の槍、薙刀、兜などを立てて盛大に祝うようになりました。

鯉のぼり

端午の節句が男の子の誕生や成長を祝う意味を持つようになったのは江戸時代に入ってからで、庶民の間でも武家の気風をまねて、男の子の初節句には厚紙で作った大きな兜や人形、紙や布に描いた武者絵などを飾るようになりました。しかし、庶民には幟や旗指物を立てることが許されなかったため、考え出されたのが鯉の形をした吹き流しで今では端午の節句に欠かせない風物詩になっています。

この「鯉のぼり」は、龍になって鯉が天にのぼるという中国の伝説にちなみ、立身出世を祈る親心を表すとともに、男の子が誕生したことを天の神に告げて、その守護を願うための目印にするとも言われています。

ページの先頭へ